結婚指輪のデザイン

結婚指輪を選ぶポイント

結婚指輪はふたりの絆

愛し合った二人が結婚して夫婦なるとき、結婚指輪はふたりの絆をより関係を深めるために、重要な役割を担っているものでしょう。ただ単に、おそろいの指輪をファッションとして指に嵌めているということではなく、世の中に対して自分たちが既婚者であることを誇らしげに宣言するためのものなのです。だからこそ、結婚指輪は自分たちが気に入ったデザインや素材のものを時間を掛けて選び、永遠の愛を誓いながら取り交わすものなのです。

結婚指輪の意味と込められた願い

結婚指輪は、結婚式で新郎新婦が交換します。指輪を交換して永遠の愛を誓いあうとともに、婚約指輪よりもシンプルで日常的に着用することから、周囲の人に既婚者であることを示す役割もあります。指輪の素材は金やプラチナなど高価な金属でできており、いつまでも品質が変化しにくく、輝きを失わないことから、永遠に輝き続ける愛を象徴します。円形で切れ目のない指輪の形は、どれほど時間がたっても切れない夫婦の絆を意味します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 結婚写真をフォトブックに All rights reserved